大学生47

好きのきっかけをあなたへ。※本ブログは広告を含んでいます。

【清原果耶】『invert 城塚翡翠 倒叙集』第3話 ~雨の中で出会った殺人犯~

にほんブログ村 芸能ブログへ

どうも、大学生47です。

今週も城塚翡翠を取り上げさせていただきます!

今回は、豪雨の中で出会ってしまった殺人事件。

今日も、翡翠の推理が冴えわたります...!!

ぜひ、ご覧ください!!

 

霊媒探偵・城塚翡翠のキャスト

城塚翡翠・・・清原果耶

千和崎誠・・・小芝風花

鐘場正和・・・及川光博

雨野天子・・・田中道子

 

 

あらすじ

豪雨の中、翡翠千和崎はある一軒の家のインターフォンを鳴らした。トビラの向こうからは、男子高校生・夏木蒼汰が顔を出した。
しかし、突然の翡翠千和崎のあたふたしてる様子…
千和崎は、特に何も思わないが、翡翠が異変に気づき始めるーーー。

 

「のぞいちゃダメですよ?」

雨に濡れてしまった翡翠

訪れた別荘の家主である男子高校生(夏木蒼汰)にお風呂を借りることに。

そこで、翡翠は蒼汰をお風呂場に呼び出し、シャンプーがどれかわからないから教えてほしいというお願いをします。

しかし、蒼汰も答えに詰まった...

そして、蒼汰は「久しぶりに来たから忘れた」という一言を翡翠へ。

翡翠は納得して、一度お風呂へ。

蒼汰は、翡翠が"お風呂にいる"ということを意識してしまう。
そして、お風呂場の扉が開いて、翡翠は蒼汰をまっすぐに見つめて言った。

「あっ、そうそう、覗いちゃだめですよ?」

ウィンクも添えて。

 

もう何を見てるんだかわからなくなる可愛さでしたね!

ただ、翡翠さんだから許されるんですよ、こういうの。

ただ、ただ、可愛かったシーンでした!!

 

 

生きてさえすれば

ネタバレになってしまうので、わざと擦った書き方をさせていただきます。

3話の最後の事件解決の場面では、いつも通り翡翠の答え合わせが始まります。

そして、犯人を導き出した翡翠

その場にいた事件の当事者に向けて投げかけた言葉です。

「生きてさえいれば人生は何度でもやり直せる」

 

他の作品でも多用されている言葉のひとつですね。

しかし、城塚翡翠ではコメディシーンとシリアスシーンが融合されているため、他のドラマ以上にセリフに重みが出るな、と感じています。

コメディシーンにおいても、てへぺろこっつんこさんです…!」という言葉が話題になっている通り。

同様にシリアスなシーンにおいて、登場人物(特に翡翠)が発する言葉にはインパクトがあります。

このあたりも『invert 城塚翡翠 倒叙集』の楽しみ方のひとつでもあるかもしれません。

 

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

ブログ、Twitterのフォロー、スターなどもお待ちしております。

Twitter

twitter.com

サブブログにも遊びに来ていただけると嬉しいです。

ameblo.jp

 

記事に関して、何かあれば以下のメールアドレスまで連絡いただけると幸いです。

ya9chi8@gmail.com