【広瀬すず×永瀬廉】火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』第3話~芽生える感情~

どうも、大学生47です。

今日は、ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』の第3話について書いていきます。

やっぱり、ヨルシカさんが最高だな~と思う夜を過ごさせていただきました。

 

『夕暮れに、手をつなぐ』のキャスト

『夕暮れに、手をつなぐ』第3話あらすじ

同じ家で共同生活を送っている空豆と音。

そして、あることをきっかけにそれぞれの新しい恋が動き出す。

空豆には、空豆の人生が大きく変わるターニングポイントが訪れる。

しかし、空豆と音はその新しい恋とは別の感情をお互いに持ち始めていたーーー。

 

 

「結婚しますか」

物語の序盤です。

このセリフの後のヨルシカさん『春泥棒』はもう持っていかれます笑

はらりと息をすることを忘れますね

そして、このセリフは誰から誰に言ったものなのか、というところを注目して欲しい3話でもあります!

それにしても、オープニングの入り方は今のところ第1位です!!

 

「行くなよ」 

いやー、来たね。山が。

やっと、このセリフをあの人から聞けましたね

この一言をきっかけにどう動いていくのか。

そして、相手は正しく受け取れているのか。

3話にして、ひとつの山場「行くなよ」を通過いたしました。

丹沢千春(伊原六花)が話を大きく動かす!?

これは、完全な予想です。

ここまで、千春がなんだかんだストーリーのアタック(切り替わり)として使われている感じがしています。
蕎麦屋さんで、水族館の話を持ってきたのも(水族館の)チラシと千春です。

そう考えると、千春が今後もっと内部にまで来るのかなぁ〜と思っています。

ただ、方法は想像がついていないのですごく軽い文章になってしまって申し訳ないとこではあります(汗)

 

次回は、第4話です!!

衝撃のラストシーンからどのようにストーリーが動いていくのか、瞬き厳禁!とは行きませんが、それくらいの気持ちで見るのもいいのではないかなと感じています。

 

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

ブログ、Twitterのフォロー、スターなどもお待ちしております。

Twitter

twitter.com

サブブログにも遊びに来ていただけると嬉しいです。

ameblo.jp

 

記事に関して、何かあれば以下のメールアドレスまで連絡いただけると幸いです。

ya9chi8@gmail.com