社会人47

好きのきっかけをあなたへ。※本ブログは広告を含んでいます。

【広瀬すず×永瀬廉】火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』第5話 ~加速する2人の未来~

にほんブログ村 芸能ブログへ

どうも、大学生47です。

今週も火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』をテーマにして書いていきます。

今週の名シーンは、90度ですかね...

 

『夕暮れに、手をつなぐ』のキャスト

 

 

『夕暮れに、手をつなぐ』第5話のあらすじ

音と空豆は自分の中の気持ちを秘めたまま、同じ屋根の下で生活をしていた。

そして、空豆はファッションブランド「アンダーソニア」に職場見学へ。

そこでは、ブランドのデザイナーである久遠(遠藤憲一)に出会う。

音は、自分の歌を歌ってくれる歌姫探しを磯部と一緒に始めることに…

そして、2人の関係性が遂に動き出すーーー。

 

ふたりの距離

第5話に限った演出ではないですが、本ドラマは非常にソロカットというのが少ないです。特に、音と空豆のシーンでは。

少し内容に触れてしまうと、ふたりがこたつで会話するシーンでは、それぞれのカットを入れるのではなく、話していない方をぼかす、という演出をされていました。

まぁ、このシーンでこの記事の冒頭にも書いた「90度」があるのですが、さらにこのセリフが際立ったなぁという印象です。

そして、ぼかすという演出で「ふたりのはっきりしない関係性」というのを描いているようでとても画面に食いついていました。

 

 

相手をいつの間にか知った気になってた...

今回は2人の互いに思う気持ちに焦点が当てられていたのかな、と思います。

なので、その分これまでの5話の中では一番話の内容が大きく動いていたようにも感じます。

一個上の「ふたりの距離」もそうなのですが、まだふたりはふたりの互いの想いに気づいていません。

しかし、どうもシチュエーションがその思いを顕著に知らしめるようなものばかりです。

そして、お互いはひとつ屋根の下で暮らす間に、自分の狭い世界観で相手をどこか知った気になってしまっていた...

まぁ、それが今回のラストシーンのふたりのカットでも分かるかと思います。

千春と音の関係

今回は初めて、千春と音のツーショットに時間が割かれていました。

私は、あのシーンを入れた意味はあまりわからなかったですが、最終的には「ふたりの距離」を演出するためだったのかなと思います。

だとすると、ここでは千春と音というふたりの距離も描くことができていて、なんかジワジワ良さが来てます。

そして、なぜかこのシーンでは千春のソロアングル音のソロアングルでおおよそが進行しており、そう考えるとますます千春と音の関係、音と空豆の関係に関してさらに対比に深みが出てきますね...

 

という感じで、第5話は中々見ごたえのあるものだったのではないでしょうか。

一部では「展開が古い」などの意見もありますが、まぁそれは私にはよう分かりません。ただ、空豆と久遠の関係性は、連続テレビ小説半分、青い。』の鈴愛と秋風先生を思い浮かべずにはいられませんでした。

次回は第6話です!!

 

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

ブログ、Twitterのフォロー、スターなどもお待ちしております。

Twitter

twitter.com

サブブログにも遊びに来ていただけると嬉しいです。

ameblo.jp