大学生47

好きのきっかけをあなたへ。※本ブログは広告を含んでいます。

【川口春奈×目黒蓮】木曜劇場『silent』~本気で愛した彼は音のない世界で生きていました~

にほんブログ村 芸能ブログへ

どうも、大学生47です。

今回は先日初回放送を迎えたドラマ『silent』が期待通り面白すぎたので紹介させていただきます。

川口春奈さん、目黒蓮さんに注目されている方、必見です。

ドラマ『silent』のあらすじ

主人公・青羽紬(川口春奈)は高校生のころ同じクラスのクラスメイトになった佐倉想(目黒蓮/Snow Man)を好きになった。しかし、高校卒業後、突然の別れのメッセージで関係がなくなってしまう。

8年後、紬は電車のホームで電車から降りてくる佐倉を見かける。
声をかけるも届かず・・・
その後、紬と佐倉は再会を果たすも紬は佐倉の耳の聴力を失っているという事実を突きつけられしまう。

「俺たちはもう話せないんだよ…」

 

 

伝えたい言葉、聞こえない言葉

タイトルの「silent」、この解釈が1話だけでもたくさんありました。

紬と佐倉の高校時代の雪の静寂、紬の佐倉への想い、佐倉の紬への想い、湊斗の紬への想い、、、

 

そして、どれも言葉にすれば伝わることがほとんどです。

 

ただ、それは日常だったら、あの頃だったら…

 

1話のラストの紬と佐倉の再会シーンは過去最高に切なさMAXです。

ここまで、えぐるか、と。

あの時、言えてたら、聞いてたら、、、

 「うるさいんだよ」

佐倉のセリフ(手話)がグサッと刺さりました。

 

 

目黒蓮さんと川口春奈さんの演じ分けがすごい…!

1話の冒頭は、紬と佐倉の学生時代の描写から始まります。

すんごい、ニヤニヤしちゃいました笑

おふたりとも、制服がまだまだお似合いで。

そこに、鈴鹿央士くんも来て、もう最高。

そして、2人が想いを伝えるまでを描いています。

 

しかし、卒業後の佐倉の紬に対しての一言で物語は風貌を変えます。

 

ここからは、2人のが描かれているのですが、ここの演じ分けが個人的にはすごいポイントでした。

 

また、カメラワークも学生時代の時はお2人から近い位置にあったのも、

大人時代はほぼロングショットで撮っています。

そして、再開のシーンは、1度見て頂きたい!と言いたいです!

ここで、文章で表現するとやっぱり表現しきれない…

silent、これが佐倉だけのものかと思っていましたが、違いましたね。

紬の耳にも佐倉の声は入ってこなくなってしまった、、、

これらが、一気に描かれたラストシーンはおふたりの演技ももちろんですが見どころですので見てない方はぜひご覧ください!!

 

 

あわせてよみたい

本日も読んでいただきありがとうございました。

ブログ、Twitterのフォロー、スターなどもお待ちしております。

Twitter

twitter.com

サブブログにも遊びに来ていただけると嬉しいです。

ameblo.jp

 

記事に関して、何かあれば以下のメールアドレスまで連絡いただけると幸いです。

ya9chi8@gmail.com