大学生47

偏差値47の大学生です。24卒です。

[青春]高校の時、クラスメイトが授業中林檎を食べてた話。

こんにちは!

最近、暑くなってきて、氷が溶けるようになってきましたね!

そんな中で、今日から少しの間、私の過去にあったインパクトの大きい話をしていこうと思います!

そして、今日がその第1弾!

 

「授業中、リンゴ食べている人がいたの巻」

まぁ、言葉の通りなんだけど、書かせてもらいます!

 

ある日の昼休み終了5分前。

その食べていた人をまさはるとしますね。

 

まさはるは、部活の昼練の終わりにマネージャーからどういう訳か林檎をもらって教室にきました。

私は、「そのリンゴは単体で渡されたの?」と聞きました。

すると、「そうなんだよね 」と言って「リンゴってこのまま食べれるっけ?」。

「食べれるけど、別に食べる必要なくない。」

私はてっきり、その場で食べ出すとは思ってなかったので。

私が時計を一瞥した時、それは起きました。

シャリ。

まさはるの方をもう一度、振り返った時は時すでに遅し。

遅いんじゃないな、同時。

「いや、もう始まるよ笑」

「大丈夫でしょ、次なんだっけ?」

(いや、科目の問題なのか?)

「数3でしょ?」とおとなりさん。

まさはるは、廊下側から2番目の列に座っていた。

まさはるは、1口食べたため、食べ切るしか選択肢は無くなった。

すると、担当の先生が教室のドアを開けた。

私も含めて、先生を一瞥した。

そして、まもなくチャイム。

 

 

チャイムが鳴ると、先生はいつも通り黒板に書き出す。雑談はしないタイプの先生なので、いつも通り。

私は、まさはるをみて笑っていた。

ここからは、まさはるの爆笑行動。

 

 

  • 教科書を立てて、影で林檎を食べる
  • 「先生、ロッカーに教科書いいですか?」と言って、ロッカーで教科書を探すふりして、林檎を貪る
  • ついには、普通に食う。

 

もう、思い出しただけで爆笑なんですが。

少しでも伝わってくれたら嬉しいです。

 

読んでいただき、ありがとうございました!